HOME>トピックス>耐久性や風合いなど木材の魅力を引き出せる家

日本に最も合った住宅の仕様

案内する人

日本の気候風土を考慮するなら木の家は最適で、日々の生活に癒しを与えてくれます。木は優れた耐久性がありますし、また負荷を柔軟に吸収する性質があることから、茨城で家を建てるなら木の家という人は少なくありません。木特有の風合いが魅力的ですし、調湿性により湿度を適切に抑えてくれます。茨城を含めて日本は高温多湿の気候が中心のため、湿度を抑えることが快適生活の要になります。エアコンや除湿機でも湿度調整はできますが、使用する建材で調湿すれば人に優しいのです。木の家には消臭・抗菌などの作用があるため、いつも清潔感溢れる空間を維持できるのもメリットです。

身体に優しいのが特徴

積み木

茨城で木の家が大人気の理由には、季節を問わずに快適に暮らせるメリットがあります。夏は涼しくて冬は暖かい住宅を実現できるため、温度変化による体調不良を予防できます。カビやダニを抑える役割もあるので、アレルギー体質の人に最適でしょう。木材にはさまざまな種類があり、特徴や産地で選ぶことができます。どの部位に使用するかにより選択するのもありで、茨城でオーダーメイド住宅を建設する人からも木の家は人気です。茨城で木の家を建てるのであれば、茨城の気候風土で生育した木材を使用するのが好ましいです。